虫歯がたくさんあると虫歯の穴に歯垢がたまり、それが口臭につながります。

歯の健康は全身の健康につながる

虫歯と口臭の関係

皆さんは虫歯になったことがありますか。
小さいときによく虫歯になって歯科に行っていたという人は多いかもしれません。
学校では定期的に歯科検診があるので、そこで虫歯が見つかった人は強制的に歯科へ行かなければいけませんよね。
そして、虫歯を治療したという証明書を学校に持っていかなければいけないという場合もあるようです。
このように小さいときは虫歯をしっかりと直していたけれど、大人になってからはそこまで虫歯に注意していないという人は多いのではないでしょうか。
歯科に行くのが嫌いだから少し歯が痛くても放っておいているという人もいることでしょう。
しかし、あなたも虫歯と口臭の関係について知れば今すぐに歯科へ行って虫歯を治したいと思うかもしれません。
年齢とともに口臭というのはひどくなってしまうものですよね。
口が臭い人になりたいという人はいませんから、口臭対策は非常に重要で誰もが気をつけているかもしれません。
では、虫歯と口臭にはどんな関係があるのでしょうか。
そもそも口臭はどのようにして発生するのでしょうか。
基本的に食べ残しによって臭いが発生します。
ですから、歯磨きをしていても正しい歯磨きの仕方をしていないために口の中に歯垢が残ってしまうとそこから悪臭が発生するのです。
では、虫歯がある人はどうでしょうか。
虫歯の穴には当然食べ物が入り込んでしまいますよね。
その虫歯の穴に入ってしまった食べ物を取り除くのはとても難しく、どうしても残ってしまうことがあります。
そうすると、どんなにきれいに歯磨きをしても虫歯の穴に食べ物が残っているとそこから悪臭が発生してしまうのです。
虫歯がたくさんある人ほど口臭がきついとも言えるでしょう。
それほど虫歯と口臭には深い関係があるのです。
さらに、虫歯の穴の中の食べ物は取り除くのが難しく残ってしまうので、虫歯はどんどん悪化します。
そうすると口臭もどんどん悪化していくのです。
ですから、虫歯があるかもしれないと思ったらすぐにチェックするようにしましょう。
歯医者に行くのが嫌だという人もいますが、放っておくと歯槽膿漏になってしまうことも多いです。
歯垢膿漏になった場合の口臭は普通の臭さではありません。
親しい友人さえあなたとあまり話したくないと思うかもしれません。
あなたの口の臭さで友達が離れていくなどという悲しい事態にならないためにも虫歯がある人は今すぐに治療をしに行くようにしましょうね。

Copyright (C)2019歯の健康は全身の健康につながる.All rights reserved.