梅干しに含まれるクエン酸には口臭を予防する力があると言われています。

歯の健康は全身の健康につながる

梅干しを最後に食べる

皆さんは酸っぱい食べ物は好きですか。
酸っぱい食べ物と聞いて皆さんは何を一番に思い浮かべましたか。
日本人なら多くの人が梅干しを思い浮かべたのではないでしょうか。
他にもレモンを思い浮かべたという人もいるかもしれませんね。
なぜ梅干しやかんきつ類などが酸っぱいか皆さんは知っていますか。
この酸っぱさのもとはクエン酸です。
クエン酸はとても酸っぱく、少しなめただけでもその酸っぱさは強烈です。
実はこのクエン酸が口臭対策に良いというのです。
どういうことなのでしょうか。
皆さんはこんな経験はありませんか。
酸っぱい梅干しを食べた瞬間に口の中に唾液がいっぱい出てきたという経験です。
きっと誰しも酸っぱい食べ物を食べると同じようになるでしょう。
そうです、酸っぱい食べ物は唾液の分泌を促してくれるのです。
もちろん個人差はあります。
しかし、普段よりも確実に多くの唾液が分泌されるのです。
唾液というのは非常に重要な役割を担っており、口臭予防には唾液の力が欠かせません。
ですから、酸っぱい食べ物を食べて唾液を分泌擦ればそれだけ口臭予防になるというわけです。
普段から積極的に酸っぱい食べ物を食べるようにすると良いでしょう。
弁当などに入っている梅干しを最後に食べるというのも良いかもしれませんね。
もちろん、ベストは梅干しを最初に食べようが後に食べようがすぐに歯磨きをすることです。
でも、すぐに歯磨きができない時もあるでしょう。
そのようなときは最後に梅干しを食べるというのも良いかもしれませんね。
実は、酸っぱい成分であるクエン酸は口臭予防以外にも健康効果があるとして知られています。
特に疲労回復に効果があるとして知られています。
疲れている時に酸っぱい飴玉を一つなめるだけでも元気になったという経験がある人は多いのではないでしょうか。
このようにクエン酸は様々な健康効果があるのです。
日本食にはあまり酸っぱい食べ物はありません。
ですから、意識的に酸っぱいものを食べる必要があります。
まずは一日一個の梅干しから始めてみると良いかもしれません。
おにぎりを買って食べるという人は梅干しを選んでみるのも良いのではないでしょうか。
梅干しパワーで口臭を予防し、元気に毎日を過ごせると良いですね。
でも、梅干しが嫌いな人もいるでしょう。
歯科の先生に梅干しに口臭効果があるか聞いてみると良いでしょう。
お医者さんに言われると梅干しが嫌いでも頑張ってチャレンジできるようになるかもしれません。

Copyright (C)2019歯の健康は全身の健康につながる.All rights reserved.